Connect with Colorcon

インデックスに戻る

水分管理による錠剤安定性の達成

水分は製薬会社として直面する最大の課題の1つです。いくつかの活性医薬成分(API)は、水分に対する高い感受性を持っています。これは、他の環境要因とともに、製品の安定性に重大なリスクをもたらします。製造工程、環境への配慮および製品の包装はすべて、水分管理に影響を与える重要な要因です。

Moisture Management English一般的に、環境水分を防ぐために使用される主な方法は、低透過性の防湿材料および乾燥剤を使用する物理的包装です。これらの防湿材料や吸湿材料は、空気、光または湿度の影響を減らすと同時に、防湿包装のソリューションになります。それらの有効性は、有効期間に左右され、他の環境条件に対するAPIの感度に依存します。過度に複雑な物理的バリアのソリューションはまた、総製造コストを上昇させます。

しかし、製造時に剤型を適切に設計することで、多大なコストを追加することなく、多層の防湿層を構築できることをご存知ですか?

 

 錠剤中の良い水分と悪い水分を理解する

多くの研究者は、水分含有量が水分に起因した劣化に直接影響すると考えています。総水分量(乾燥減量またはLOD)は、水分感受性製品の潜在的な安定性を評価するためによく使用されます。しかしながら、医薬品の総水分含有量は、一般的には結合(すなわち、水素結合によって結合されている、あるいは非晶質構造に閉じ込められている水和水)および自由水の両方を含みます。

自由水は水分感受性材料の劣化の原因となるため、薬剤の安定性プロファイルが悪化する可能性があります。その結合形態とは異なり、自由(または移動形態)な水は他の材料との化学反応に利用されます。そのため、水分感受性薬剤の安定性を考えるとき、自由水の水分量と水分活性の程度は、総水分量よりも貴重な情報を提供します。

コアからコーティングまでの水分管理

高価な包装ソリューションに投資する前に、シンプルな処方への改良は、しばしば医薬品に大きな安定性の有益性をもたらし、コストの影響を減らすことができます。

コアの安定性を改善するための水分活性の低下

部分アルファー化デンプンであるスターチ 1500TMは、比較的高い水分含有量を持っていますが、水分活性は非常に低いため、水分感受性成分の安定性に寄与します。水分除去性能(非晶質構造内での水素結合による)を有するスターチ 1500は、安定性を高めるための優れた賦形剤です。製剤内の水分活性を抑制し、水分感受性APIとの相互作用を遅らせることで、スターチ 1500は他の賦形剤の有害な影響を軽減または排除するのに役立ちます。

Water Activity English

防湿におけるフィルムコーティングの役割

水の侵入を抑制し、湿気からの保護に適用できるフィルムコーティング処方の開発は、さらなる防湿を提供し、安定性を高めます。

最近の研究で、水の吸収を測定するために、錠剤上の動的蒸気吸収(DVS)モデルを用いて、フィルムコーティングの防湿性について、非コーティングプラセボとコーティングプラセボの比較が論じられました。その結果、非コーティング錠剤が最も速い水吸収速度を有するのに対して、すべてのコーティング錠剤は有意に低いWVTR(水蒸気透過速度)値を示すことを見出しました。さらに、「フィルム形成ポリマーとしてポリビニルアルコール(PVA)を使用するコーティングは、従来のHPMCベースのコーティングよりも防湿性において大幅な改善を示す」ということが分かりました。

使用時の防湿:ケーススタディ

吸湿速度および吸湿レベルは、防湿フィルムコーティング性能の指標です。カラコンは、アモキシシリン/クラブラン酸錠剤の防湿を目的として、フィルムコーティングの影響を検討した研究結果を発表しました。

この研究では、非コーティング、HPMCベースおよびオパドライTM ambII(PVA)でコーティングされた錠剤の使用時の安定性を評価しました。3種類の異なるコーティングの性能を一次包装から取り出した後、10日間毎日比較しました。

10日間の安定試験の最後では、非コーティング錠剤およびHPMCコーティング錠剤中のクラブラン酸は完全に消失しましたが、PVAベースのオパドライ amb IIコーティング錠剤は、一次包装から取り出した状態でもクラブラン酸とアモキシシリンの両方の許容レベルを維持しました。この結果から、オパドライ amb IIは、一次包装がなくても水分感受性化合物を保護することが確認されました。

この研究では、水蒸気透過度が異なる2種類のブリスター包装材料(alu-aluとAclar blister)に対するHPMCベースのコーティング錠とオパドライTM amb II(PVA)コーティング錠の加速安定性も評価しました。6ヵ月後、オパドライ amb IIコーティング錠剤は、両包装材料において含量規格に合格しました。

quote plinio sandoval en

錠剤の安定性の課題を軽減

l fld29 opadry amb ii high performance moisture barrier 1曝露により劣化や安定性の問題、および有効性の低下につながる可能性がある水分感受性APIが開発され続けているため、錠剤の安定性は継続的な課題です。医薬品製剤の水分感受性を知ることは、それを管理するための最善の方法を決定するのに役立ちます。

適切な賦形剤と錠剤コーティングを選択すると効果的です。製薬会社は、水分感受性化合物を保護するための費用対効果の高いソリューションとして、オパドライ amb IIのような特別な錠剤コーティングと一緒に、スターチ 1500のような水分除去賦形剤を組み合わせて使用することを検討すべきです。