持続性放出のためのアクアコート®ECDおよび腸溶性コーティングのためのアクアコート®CPD

アクアコート® ECD はエチルセルロースポリマーのコロイド水分散液です。持続性放出用途で、アクアコート®ECDは安定した、再現可能な、pH依存しない放出プロファイルを提供します。その主な放出メカニズムは、不溶性膜を介した薬剤の拡散です。

可塑剤の添加は使用のために必要であり、可塑剤の種類および添加量は、透過性、そして次に必要とされる薬物放出プロファイルに基きます。推奨レベルは、エチルセルロース固形分レベルに基づいた20〜25%の可塑剤含有量です。
(可塑剤含有量は、エチルセルロース固形分に基づいて20-25%が推奨されています)

アクアコート® CPDは、酢酸フタル酸セルロースをベースとした水分散液です。錠剤やカプセル剤に腸溶コーティング保護を提供します。可塑剤の添加は、約24%必要です。

  • 米国およびヨーロッパで医薬品用途に使用可能
  • アメリカの食品のGRASステータス
アクアコート® is a registered trademark of DuPont or its affiliates.

患者さんの安全性やブランド認識向上のため、世界中の各社製品の差別化をお手伝いする錠剤のデザイン設計サービス。

詳細はこちらをクリック

経口固形製剤からの薬物の速放および徐放のための初期処方化を皆様に提供するユニークでコンフィデンシャルなサービス。

詳細はこちらをクリック