オパドライ™ EC エチルセルロース有機コーティングシステム

オパドライ EC エチルセルロース有機コーティングは、持続放出および味マスキング用途のための、微粒子および錠剤の溶媒コーティングのために開発された放出制御フィルムコーティング製品です。この製品は、エチルセルロースの実績のある性能と、Colorconの卓越したコーティング技術を併せ持っています。

開発を簡素化し、薬物放出を調節する

  • フィルムの多孔度を変更することにより、低、中および高溶解性薬物の放出を制御することができる
  • 水分および/または熱に敏感な薬剤に適した、高い機械的強度を有する安定したフィルム
  • 少ないコーティングで、望んだ放出プロファイルを達成することができる

製造時間の短縮 - コーティング品質の一貫性の確保

  • 毎回同じ製品を提供するColorconの品質保証
  • ポアフォーマー添加による作業者のミスの懸念を排除

使いやすさ

  • 完全に処方化されたシステム
  • 新たな添加剤の追加は不必要
  • 原料のQCの削減

開発のスピード

  • 迅速かつ容易な放出プロファイルの評価方法
  • カラコンによる技術的専門知識とアプリケーションのサポート

規制
オパドライ EC エチルセルロース有機コーティングのすべての成分は、主要な世界市場(中国およびインド向けに条件付き)での医薬品使用が承認されています。

カラコンは規制へのサポートとして、リスクの軽減や書類を提供いたします。

製品に関する文献