Connect with Colorcon

インデックスに戻る

天然色素による錠剤コーティング及びサプリメント用着色剤

サプリメントの差別化における色の影響力

色に関する問題点は、数多くの研究結果からも示されていますが、特に競争の激しいサプリメントの市場では、消費者に対して製品の特長をアピールする目的で、一般的にはコーティングによる着色が行われています。しかし、錠剤がコーティングされていないものも多く、褐色の斑点があったり、苦味がありそうな外観では、市場の中でその商品を差別化することは難しく、見分けのつかない製品が過剰に流通する原因となっています。

錠剤の色は、消費者が製品から受け取る印象に大きく影響し、また服薬コンプライアンスの観点からも、色による識別が推奨されているため、製造メーカーは着色による製品の差別化を検討しています。そして、錠剤の色によって商品価値を高めると同時に、市場の合成添加物に対する懸念にも、対処したいと考えています。

天然色素によりカラフルな色の選択肢を実現

サプリメントの市場では、天然色素の使用など、消費者の自然食品に対する意識が高まってきており、製造メーカーもその動向に注目しています。処方箋薬とは異なり、消費者はサプリメントに合成色素を使用することに疑問を抱いています。そして、このような自然食品への関心により、天然色素の需要は高まってきています

rose

カラコンでは(厳しい評価により厳選された)天然色素を用いた豊富なカラーバリエーションを用意しており、サプリメントの業界に対しては、伝統的に使用されている合成色素(アルミニウムレーキなど)に代わる、様々な選択肢をご提供致します。 

例えばカラコンでは、ピンクや赤色の色調を出す際に、動物由来の色素であるカルミンではなく、天然色素を用いることが可能です。青色の領域には、スピルリナ色素の使用について、FDAに申請を行いました。この色素は、アメリカでサプリメントに使用できる色素としての登録はありませんでしたが、2016年に承認を得ることができました。みなさんのサプリメントに、安定した青色の天然色素を使用する許可が得られたのです。

そしてカラコンでは、お客様に効率的に色の選択してもらうため、オンラインでご使用いただけるカラーセレクターというツールをご用意しております。これにより、ターゲット市場に合わせて、様々な国の規制を確認するとともに、技術的なアドバイスを行い、お客様の製剤の用途にとって適切なコーティング剤をご提案致します。

酸化チタンへの懸念

酸化チタンの使用については、発展を続けるサプリメント業界の中でも話題となっていますが、錠剤コーティングに用いられる酸化チタンは、白色の着色剤として幅広く使用されています。

酸化チタンは、錠剤に輝度や白色度または隠蔽性を与えるための、非常に優れた原料であり、食品、医薬品、化粧品の分野において、様々な用途に使用されてきた長い歴史があります。ですから、現時点で酸化チタンの使用を中止するための、特別な理由はないように思われます。

しかしながら、消費者の間では議論の余地のある原料となっており、酸化チタンのナノ粒子に関連する健康上の懸念から、食品添加物での使用には、反対する動きも起こっています。そこでカラコンでは、消費者の関心に応えるための、酸化チタンフリーのコーティング剤も開発しております。

コーティング及び色の専門家と連携を

カラコンでは、天然色素を用いてサプリメントを着色していただけるよう、お客様のサポートを行っております。色に精通したカラコンの専門家にご相談いただければ、あなたの製品を差別化するお手伝いを致します。