Connect with Colorcon

インデックスに戻る

錠剤仕上げの最大化

今日の製薬業界で、特徴的な医薬品錠剤を考案することがますます必要になっています。特徴のある製品外観がもたらす利点を、ブランドオーナーが活用しようとするにつれて、ユニークでエレガントなデザインの錠剤の需要が高まっています。

CWC10 Feature錠剤の外観をアップグレードする利点は何ですか?

  • 患者の遵守

錠剤のサイズ、形状、外観、嚥下性はすべて、患者のコンプライアンスを確保する上で重要な役割を果たします。処方薬を飲み込むことが困難な場合、患者は処方薬レジメンを遵守しなくなる可能性があり、医療費の増加や健康状態の悪化につながります。より一層の患者中心の設計は、投薬レジメンの遵守を促進するのに役立ちます。

  • ブランドアイデンティティの強化
    いくつかの錠剤は即座に認識可能で、簡単に他の薬と識別できます。たとえば、ファイザーのVIAGRAブランドは、錠剤の色や形、仕上がりにより、非常に独特な外観と雰囲気を実現しています。

なぜ錠剤の仕上がりはそれほど重要なのでしょうか?

錠剤はさまざまな形やサイズだけではなく、さまざまな仕上げが施されています。理想的には、錠剤は認識しやすく、高品質の外観である必要があります。ブランドオーナーへの質問は次のとおりです:

  • 錠剤は粗く、粒状に見えますか、それとも滑らかですか。それをどのように向上させますか?
  • 光沢がありますか?もしそうなら、どれほど光沢がありますか
  • 仕上がりは、他の錠剤との識別に役立つ他の効果(色相や色彩)がありますか?

ただし、錠剤の仕上がりは外観だけではありません。それは、より良い消費者体験を生み出し、患者のアドヒアランスの向上ブランド認知度の向上につながります。

高品質の仕上がりを達成します

製造メーカーにとって、コーティングシステムは、使いやすく、シームレスに実行でき、優れたバッチ間品質を提供するために経済的に効率的でなければなりません。

医薬品錠剤の仕上がりに関しては、当社の特殊コーティングであるオパドライTMQXオパドライTMfxTMの2つが、さまざまな機器での使いやすさに対応しながら、仕上がりに競争力をもたらします。

オパドライTM QX

オパドライQX、クイックおよびフレキシブルフィルムコーティングは、準備が簡単な完全に処方化されたシステムであり、幅広いプロセスパラメーター、および事実上あらゆるタイプのコーティング装置で使用できるように設計されています。最高品質の仕上がりを実現し、可能な限り広い処理許容度を提供します。

使い方は簡単ですか?

オパドライQXは、コーティング錠剤の新しい生産性、効率、外観の基準を設定し、最大35%の固形分レベルで、コーティング時間を少なくとも40%短縮できます。

迅速に調製できる低粘度の分散により、コーティングの均一性を損なうことなく、処理が高速化されます。エアフローが制限されていても、コーティングは一貫して滑らかで、光沢のある錠剤の仕上がりを実現します。オパドライQXは、より低い錠剤ベッド温度を使用することにより、温度に敏感なAPIおよび製剤にも最適です。

Opadry QX Surface Finish

製薬業界で成長を続ける連続処理にフォーカスした研究では、次の評価が行われました:

  • 視覚的な色の均一性、滑らかさ、エレガントな錠剤外観に対するコーティングパラメーターの影響
  • 従来のバッチ処理を使用したコーティング錠剤との光沢の比較

この研究により、連続コーターのすべてのパラメーターで高品質な仕上がりの錠剤が得られ、連続コーティングラインでのオパドライQXの使用がサポートされることがわかりました。

オパドライTM fxTM、特殊効果フィルムコーティングシステム

オパドライTM fxTMは、よりエレガントな仕上がりを通して、ブランディングと付加価値を改善するように設計されており、真珠光沢と艶のある仕上がりを与える水性フィルムコーティングシステムです。高レベルの光沢に加えて、多数の色彩と色相を生み出すために使用できます。これにより、ブランドは、特殊効果とともに色を使用して錠剤を明確に区別できます。

オパドライfxシステムは、真珠光沢のある色素を、高光沢の透明なコーティング処方に混合してすぐに調製できます。コーティングは使いやすく、水で洗浄できます。また、標準的なフィルムコーティング装置と技術を使用してコーティングされるため、製造メーカーは既存のインフラストラクチャを活用できます

オパドライfxは、他の高光沢技術と比較して魅力的な代替品です。特殊効果は低い塗布適用レベルで明らかであり、最適な真珠光沢は投与量あたりのわずかなコストで確立されます。

quote catherine zhu wide jp

エレガントな錠剤の仕上がりの需要が続きます

コーティングを追加すると、滑らかさと光沢が得られ、医薬品錠剤の外観と仕上がりが最大化されます。これら2つのカラコンコーティングソリューションは、既存の機器とノウハウを活用することで、製造メーカーの1回あたりのコストを大幅に削減し、実装を簡素化するのに役立ちます。たとえどのカラコンの完全処方化コーティングシステムを使用する場合でも、高品質のコーティングを一貫して確保するため、最適な処理パラメーターをバッチごとに特定することができます。

錠剤の仕上がりや特殊なコーティングの効果について、カラコンにお問い合わせください。