Connect with Colorcon

インデックスに戻る

ラベルフレンドリー

ラベルフレンドリー(理解しやすい成分表示)について

Nutraceutical Business Reviewによると、消費者の3人に1人は、人工成分を含む食品や飲料を避けたいと考えています。クリーンラベル製品の需要は、消費者が理解し、知り、信頼できる健康的な成分を求める中、増え続けています。多くの消費者にとって、「ラベルフレンドリー」という用語は、消費者が理解しやすい成分表示を意味し、長い化学成分リストを削除し、消費者に馴染みがあり、天然由来で、最小限の加工で、持続可能な成分を持つものを含みます。消費者は、人工ではなく天然で、非遺伝子組み換えで(non-GMO)BPA を含まない、より認識可能で読むことのできる成分を選択することを求めています。

近年、ヨーロッパでは政治的および社会的圧力により、二酸化チタン(TiO2) の食品への使用が停止されました。この二酸化チタン(TiO2) は、着色剤として使用される場合は E171 に分類されます。乳白剤(不透明化剤)または着色剤として使用する場合、TiO2 に機能的に直接代替するものはありませんが、カラコンはTiO2を使用しない代替フィルムコーティングシステムを開発しました。大幅な改良を経て、カラコンはすでに Nutrafinish® Titanium Dioxide Free Film Coatingsを提供しています。これらの処方は、この懸念に対処し、TiO2 を使用しないことで消費者に優しい表示を保証するように設計されています。

栄養補助食品用のラベルフレンドリーな錠剤コーティング

Nutrafinish_png

Nutrafinish® フィルムコーティングのポートフォリオを拡大することで、カラコンは現在、栄養補助食品市場向けのラベルフレンドリーコーティング製品を保有しています。このコーティングの範囲は、消費者が食品だけでなく栄養補助食品製品において、より認識可能な「本物の」成分を求めるクリーンラベルの動きに対応しています。

Nutrafinish® ラベルフレンドリーコーティングのこの最新の発売により、カラコンは、シンプルな成分と分かりやすいクリーンラベルを求める消費者のニーズを満たすベスト・イン・クラスのコーティングを提供しています。非合成着色剤の色安定性は、乳白剤として炭酸カルシウムをベースにした処方で大幅に改善されます。非合成着色剤を含有することは、消費者へのアピールとブランディングの機会を提供します。

乳白剤としての炭酸カルシウムの使用は、現在、コーティング処方における二酸化チタンの最も効果的な代替品です。ただし、カルシウム (Ca) 代替品またはCa強化製剤では、製剤中のCa源、つまりコアに含まれる量とフィルムコーティングの塗布量を分析的に決定することが重要です。
2020 AAPS 年次総会で発表された最近の研究では、フィルムコーティング中の炭酸カルシウム含有量と、製剤のコア中のカルシウムが、新しい分析試験方法を使用してカラコンによって評価されました。この研究は、コアまたはコーティングされた製剤のコーティングに内在する炭酸カルシウムを定量化するための信頼性の高い方法を実証しています。

Multicolor_tablet_display1.jpg­­­­­­

クリアや着色されたコーティングは、テイストマスキングと臭気バリアによって消費者の受容性を向上させ、高品質の錠剤仕上がりを提供します。新しい範囲の非合成着色剤のオプションにより、より幅広いラベルフレンドリーなカラーパレットを実現できるようになりました(NBR Vol. 7 Issue 2. 2020)。これらのコーティングシステムは、幅広い基材やコーティング装置で簡単に使用できるため効率的です。

カラコンは、Nutrafinish製品ラインを通じて特別に処方された錠剤コーティングを提供することにより、栄養補助食品業界がクリーンラベルの課題と消費者にアピールすることを支援し、より良い顧客体験を生み出すための市場と開発のニーズを完全にサポートします。カラコンの Nutrafinishコーティングは、規制要件を満たすように慎重に選択されており、クリーンラベルのニーズを満たす優れた代替品を提供します

quote-daniel-to-18-wide-en.png