Connect with Colorcon

インデックスに戻る

多粒子製剤のための流動層のベストプラクティス – Part 2

計算設計およびプロセス分析技術(PAT)を用いたプロセス管理と製品品質管理

多粒子製剤は複雑であり、徐放性薬剤へのコーティングの適用は多くの課題があります。基材の特性、コーティング処方、装置、プロセス条件はすべて、最終的な薬物放出に影響を与える考慮すべき事項です。カラコンの経験に基づき、商用の多粒子製剤製品の迅速な開発、トラブルのないライフサイクルを保証するベストプラクティスガイドラインを開発しました。

第2回のこの記事では、徐放性のために多粒子製剤にコーティングを行う場合のプロセス管理の重要性について説明します。

プロセス制御を追跡し、パフォーマンスを予測するリアルタイムのプロセス管理

多粒子(MP)製剤は、薬物放出特性を調節し、消化管内の特定の放出部位を標的とする製剤および制御の機会を提供します。流動層ボトムスプレー(Wurster)コーティングは、これらの多粒子製剤の開発と製造における連続コーティング層を施すために日常的に使用されています。

開発中の重要な考慮すべき事項は、目標の放出プロファイルを達成するために適用されるコーティングの量です。一般的にコーティングの量は、所望の放出が得られる%ウエイトゲインを適用することにより決定されます。このアプローチは成功していますが、時間がかかり、原材料のばらつきを無視し、コーティングプロセスを理解して再現性を実現するために必要な洞察が欠けています。このシリーズのパート1では、これらの課題を克服して堅牢な多粒子製剤を設計するために、表面積と膜厚の比率(SA / FT)の重要性を紹介しました。

開発から製造までのインラインまたはアットラインでの流動層プロセスのプロセス追跡は、理解のレベルを高め、リスクを減らし、制御を強化し、製品に高い品質を組み込む能力を高めます。

CwC Topic 14 Graph

流動層コーティングにおける革新的な開発とPATの重要性

プロセス分析技術(PAT)は、統合された方法で実行される化学的、物理的、および数学的な分析を含んでいると広く考えられています。このタイプの分析を製造プロセスに組み込むことで、重要なプロセスと品質属性をタイムリーに管理および制御し、最終製品のパフォーマンスを保証できます。

動画像分析は、PAT技術(Eyecon2™)の1つであり、アットラインまたはインライン測定用の流動層コーティングプロセスに統合されています。この工程内の測定と計算モデルであるカラコンのMy Dosage Design™を組み合わせると、リアルタイムで粒子サイズとコーティングの厚さを測定し、予測モデルと比較できます(参照:Colorcon AAPS Poster、2017。改善されたプロセス制御の追跡とコーティングのエンドポイントの決定により、処理する問題(効率の低下、凝集)を早期に発見できます。

CwC Topic 14 EyeCon

                                                                                Image Courtesy of Horiba
quote piyush patel 14 wide en

多粒子処理に関する考慮事項

  1. 計算設計ツール(My Dosage Design™)は、粒子サイズ、表面積と膜圧(SA / FT)の比率、最終的な投与量、最適なカプセルサイズの選択などを含んだ多粒子製剤の設計と性能に関する重要な変数を洞察します。 (参照:Colorcon CRSポスター、2016年

  2. PATは、複数のプロセスパラメータ、製剤設計、および機能性の関係を理解するための基礎を提供します。

  3. 流動層コーティングプロセスのリアルタイムのアットラインおよびインラインのプロセストラッキングにより、開発から製品化および製品のライフサイクルまで、製品品質の理解が強化されます。

開発をスピードアップし品質を構築するための製剤とプロセス知識

カラコンは多粒子製剤の開発を支援するため、My Dosage Design™を通じてコンサルティングを提供します。これは、最適な粒子サイズ、表面積と膜厚の比率、最終的な投与量、最適なカプセルサイズの選択を決定するのに役立つモデリングツールです。

あなたが次に開発する製剤のコーティング処方と開始基材の選択をお手伝いします。新しい多粒子プロジェクトを始める際には、カラコンにお問い合わせください。