Connect with Colorcon

インデックスに戻る

「無駄のない」コーティングプロセスの採用

完全処方化フィルムコーティングに切り替える適切な時期が、なぜ今なのか

パンデミックが発生する以前から、完全処方化フィルムコーティングに切り替えるという製造への圧力が高まっています。現在、サプライチェーンに内在するリスクに対する懸念が高まっているため、新しくより無駄のない生産モデルのメリットとサプライチェーンへのリスクの最小化が最優先事項になっています。

カラコンは、より無駄のない製造へのこの動きの最前線にあり、企業が簡便な完全処方化フィルムコーティングシステムに容易に切り替えることができるようにします。カラコンは、世界中に戦略的に配置された7つの製造拠点を持ち、オパドライ™完全処方化フィルムコーティングシステムに基づく革新的なソリューションの完全なポートフォリオを途切れることなく供給しています。

Orange Tablet Conveyor Line

オパドライフィルムコーティングとDo-It-Yourself(DIY)アプローチとの比較

完全処方化コーティングシステムは、在庫管理の削減、コーティング効率の改善、製造能力の向上、バッチ間の一貫性、全体的なコストの削減など、インハウスシステムを上回る大きなメリットをもたらします。

一方、インハウスコーティング処方には複数のステップが必要です。原料を調達し、品質管理手順を完了し、ベンダーを監査して承認する必要があります。また、いくつかの成分と顔料の混合によるエラーのリスクが高くなり、各材料を追加すると時間と労力がかかります。

インハウスアプローチに必要な6つ以上の原料に対して、カラコン(を利用すれば)は、在庫を調達、購入、維持するための原料は1つだけです。

Chart

無駄のないコーティングプロセスの採用

カラコンは、ポリマー、可塑剤、顔料などの主要成分を乾燥濃縮形態に組み合わせた、カスタマイズされたワンステップフィルムコーティングシステムで知られています。オパドライ完全処方化フィルムコーティングは、クラス最高のパフォーマンスを提供し、さまざまな機能アプリケーションと色の要件に対して品質と一貫性を保証します。

均一な色は、複数ステップのインハウスコーティングで一貫して達成するのが最も難しい特性の1つです。原料は粉砕、混合、ブレンドする必要があり、それでも、バッチの一貫性が失われ、品質が低下し、やり直しや不合格につながることがよくあります。

カラコンの機器を用いた視覚色差テストは、毎回一貫した色を保証します。規格試験では、水和粉末が個々の処方基準に一致していることを確認し、反射分光光度計を使用して色を測定します。

厳密な処方開発、材料とサプライチェーンの管理、および認定された品質管理システム内の運用プロセスとテスト要件は、最も重要な再現性のあるコーティング性能の鍵です。

再現性を確保するためのクオリティバイデザイン

カラコンは、コーティング処方が堅牢で革新的であることを保証するための原則として、4つのクオリティバイデザイン(QbD)要素を採用しています。

  1. 開発中の実験計画(DoE)により、処方およびコーティングプロセスの最適化を確実にします。
  2. プロセスバリデーションにより、すべての新しいオパドライシステムは、すべてのカラコン拠点で必要な品質仕様を満たしていることが保証されます。
  3. ICHガイドラインに従った安定性試験により、製品の指定有効保存期間中、一貫して安定した製品の外観、色、分散特性、およびコーティング性能が保証されます。
  4. マスターフォーミュレーションは、作成地域に関係なく、後続のすべてのバッチレコードを作成するためのグローバルリファレンスとして機能します。

完全に処方化されたオパドライシステムは、原材料、外観、色の変化、安定性、バッチ間の一貫性に対応します。当社のエリアテクニカルマネージャーは、分散スプレー速度、スプレー分布、プロセス温度、エアフロー、コーティング固形分濃度、パンローディング、パン速度など、機器の重要なプロセスパラメーター(CPPs)をお客様が理解できるように支援します。

ワールドワイドサポート - 24/7

堅牢な事業継続計画(BCP)プロセスを備えたサプライヤーは、リスクを最小限に抑えるのに役立ちます。50年以上にわたるサービスにより、カラコンは革新的なコーティングソリューションを開発する比類のない経歴を維持するだけでなく、コーティング装置とプロセスが最適化されることを保証するための幅広い技術的な知識も提供します。

カラコンは世界中に22のテクニカルサポートラボを持ち、最適なコーティングプロセスの最良の出発点をお客様に提供します。ラボ内では、トライアルを行い、アドバイスを求め、トラブルシューティング問題に関する洞察を得ることができます。色とロゴオプションを視覚化するオンラインカラーセレクターなど、開発をサポートするために利用できるオンラインツールがあります。また、カラコンコーティングスクールに参加する選択肢もあります。カラコンコーティングスクールでは、フィルムコーティングの理論的側面を取り扱い、可能な場合は実践的な体験をし、最新の開発に関する洞察を得るために、生産規模のコーティング装置を紹介しています。

quote charles vessey 15 wide en